アイラインの上手な引き方♡一重・奥二重・二重タイプ別|リキッド・ペンシルなど

初心者さんにもおすすめ。アイラインを上手に引ける方法をまとめました。一重・奥二重・二重タイプ別に、リキッド・ペンシルや、おすすめのコスメアイテムなども。たれ目やネコ目、ナチュラルなどあなたにあうアイラインの引き方がきっと見つかりますよ。

Twitter Facebook LINE

356939view

お気に入り

顔の第一印象はアイラインで決まる!

ばっちりメイクをしても
なんだかぼやけた印象に…
なんてことありませんか?

それはあなたのアイメイクが
間違っているからかも?

アイメイクの中でも
特にアイラインは大事。

初心者さんでも滲まず
きれいなアイラインの
引き方をまとめてみました。

【アイラインの引き方目次】
①一重 おすすめのアイメイク方法
②一重×リキッドアイライナーの引き方
③一重×ペンシルアイライナーの引き方

④二重 おすすめのアイメイク方法
⑤二重×リキッドアイライナーの引き方
⑥二重×ペンシルアイライナーの引き方

⑦奥二重 おすすめのアイメイク方法
⑧奥二重×リキッドアイライナーの引き方
⑨奥二重×ペンシルアイライナーの引き方

⑩ナチュラルなアイラインの引き方
⑪たれ目なアイラインの引き方
⑫ネコ目なアイラインの引き方

⑬おすすめのアイラインの引き方動画
⑭おすすめのアイライナー

①一重 おすすめのアイメイク方法

一重の人は、二重・奥二重の人に比べて
目が小さく腫れぼったく見えてしまいます。

なのでピンクや赤などの
暖色系のアイシャドウは使わず、
ブラウンやグレーなどの色を使うと◎

一重を生かしたメイクもおすすめですが
目を大きく見せたいのであれば、
アイプチを使用するのが◎

②一重×リキッドアイライナーの引き方

<用意する物>
・リキッドアイライナー
速乾性が高く、
汗等にも滲まないものがおすすめ

・綿棒
はみ出しを消したり、
アイラインを密着させる

①まぶたに指をあて軽く上に引っ張り
アイライナーでまつ毛とまつ毛の間を
埋めることを意識しながら、
【目尻⇒中央】【目頭⇒中央】へ向かって
アイラインを引いていきます。

※アイラインは一気にひかず、
少しずつ引いていくのがポイントです。

②はみ出した部分は綿棒でとっておきましょう。

③次に【黒目⇒目尻】【目頭から黒目】の順に
まつげの上のふちにアイラインを引いて整えます。

一重まぶたの方が目尻を引く際は、ハネ上げずに目尻の延長線上をやや長めに引くと魅力的な目元を演出できますので、大切なポイントとなります。(5mm~7mm)

④アイライナーが完全に乾ききる前に
綿棒でラインを軽くなぞります。
(これで肌とアイラインがしっかりと密着します。)

⑤目を開けた時にラインが見えるように
微調整しながらアイラインを太くしていきます。

※慣れてきたら一気に太く引いても
大丈夫ですよ。
最初のうちは細い線から徐々に
太くしていくのがおすすめです。

黒くて太いアイラインに
抵抗がある人はダークブラウンなどの
アイライナーを使うと◎

アイライナーを持っていない方の手でしっかりとまぶたを引き上げてラインを引き、引いた後もしばらくそのままにしておくのが重要です。一重まぶたは重みがあるため、すぐに手を放してしまうと、アイラインと上まぶたが重なってしまい、にじみの原因に

③一重×ペンシルアイライナーの引き方

関連するまとめ一覧

ヴィセの「クリスタルデュオ リップスティック」がすごい♡

#引き寄せリップで有名なヴィセの「クリスタルデュオ リップスティック」は、メイク好きの間で話題沸騰中! そこで今回はヴィセの「クリスタルデュオ リップスティック」を使ったメイクなど特徴もあわせて紹介します♪

degu5 / 1733 view

【100均】キャンドゥの「売れっ子マットリップ」再販!新作コスメもご紹介♡

SNSでも注目を集めている「100均コスメ」。キャンドゥから春に発売され大ヒットしたマットリップが再販開始しました!そこで今回は、キャンドゥの売れっ子アイテム「ベルベットリキッドルージュ」の魅力をたっぷりとご紹介します。新作コスメも併せて是非チェックしてみて下さいね♡

朝霧 夕 / 2173 view

YSLの「タトワージュクチュール」で鮮やかなマットリップに♡

2017/10/6にYSLから「タトワージュクチュール」新マットリップが登場し、コスメ好きの間で話題沸騰中! そこで今回はYSLの「タトワージュクチュール」を使ったメイクなど、特徴もあわせて紹介します♪

degu5 / 3998 view

関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

メイクまとめランキング

昨日人気のあったメイクのまとめ

人気のキーワード

いま話題のキーワード