ハーフ顔メイク|カラコンなしでナチュラルなやり方♡

彫りが深くて印象的な瞳を持つハーフ顔をカラコンを使わずに作るメイクの方法をご紹介♡ナチュラルなのにハーフ顔になれるハーフメイクに大事な、眉の書き方からアイシャドウ(ダブルライン)の入れ方、アイラインの引き方など詳しくご説明します!

ハーフ顔メイクとは?

彫りが深くて美人なハーフ顔。芸能人でもローラさんやマギーさん、ダレノガレ明美さんなどきれいで可愛い人がたくさんいて憧れますよね。でも「日本人の顔では無理」と諦めないでください!メイクの力で意外と簡単にハーフ顔にグンと近づけちゃうんです!特別なものを使わなくても手持ちのメイクアイテムでも十分です。
今回は憧れのハーフ顔になれるメイクをそれぞれのポイントとともにご紹介します。きっと憧れのハーフ顔になれますよ!

カラコンなしで作るハーフ顔メイク5つのポイント

ハーフ顔の特徴ともいえる薄い色の瞳。日本人ではなかなか難しいですが、カラコンを使うのも抵抗があるという人のために、カラコンなしで作れるハーフ顔のメイクのポイントを紹介します。これさえ押さえておけば憧れのはっきりとしたハーフ顔になれること間違いなし!
 ①ベースメイクは透明感を意識!
 ②アイメイクはブラウンを基調にして
 ③目と眉の距離を近づける
 ④ノーズシャドウで立体感をだす
 ⑤チークは高い位置に

カラコンなしで作るハーフ顔メイク方法①ベース

ハーフ顔メイクに大切なベースづくり。透明感、つや感のあるすべすべ肌がハーフ顔メイクの理想です。触りたくなるような美肌を作りましょう!
ハーフ顔メイクのベースのポイント
 ①下地で気になる部分をカバー
 ②薄づきパウダーで仕上げる

①下地を塗る

美しい素肌づくりに下地は不可欠!おでこ、鼻。両頬、あごにのせて2本の指で内側から外側へと伸ばします。透明感を出すために肌で気になることがある場合はそれをカバーできるタイプのものを選ぶといいですね。

②パウダーで仕上げる

自然なつや感を残すためにファンデーションは使わずパウダーのみで仕上げます。厚くつきすぎないように注意しながらぽんぽんと軽く押さえるくらいにします。パープル系のハイライトを使うと透明感がぐっとアップしてハーフ顔に近づけますよ。

カラコンなしで作るハーフ顔メイク方法②アイライン

ハーフ顔の最大のポイントでもある目元。アイラインを引くことでぐっと目力のある彫りの深い顔になれます。ポイントを押さえてギャルっぽくならない自然なアイラインに仕上げましょう。
ハーフ顔メイクのアイラインのポイント
 ①アイライナーは目尻を長めに
 ②カラーはブラウン系を選ぶ
 ③少し長めに描く

色素の薄さもハーフ顔の特徴。黒ではバキバキに濃くなってしまう上、ハーフメイクの目指すナチュラル感が素人ではなかなか出せません。

①まつ毛の隙間を埋めながらしっかりめに引く

まずはまつ毛の隙間一つ一つを丁寧に埋めていきます。色素の薄いハーフ顔を再現するために色はブラウンがベスト!黒よりもナチュラルに見えますししっかり目に描いても濃くなりすぎません。

②目尻は少し長めに跳ね上げる

まつ毛の隙間をしっかり埋めたら最後は少し長めに描いて跳ね上げるようにするとハーフ顔メイクのアイラインは完成です。

なりたい顔別アイラインのひき方

トリンドル玲奈さんのアイライン

タレ目のうさぎちゃんフェイスが特徴のトリンドル玲奈さん。ハーフ顔のなかでも優しい雰囲気ですよね。

ナチュラルメイクが基本のトリンドル玲奈さんはアイシャドウにあまり色を使わないので、アイラインはブラックでしっかりと締めます。ジェルタイプを使って少しつや感もプラス。

上瞼にジェルライナーを使って目尻を少しはみ出して下げて描きます。タレ目になるように意識して♡

ナチュラルな印象に仕上げたいので下ラインは引かず、明るめのシャドウで涙袋を強調させます。これでトリンドル玲奈さんのようなぷっくりとした可愛らしい目元が完成します。

ローラさんのアイライン

ちょっとイタズラっぽいキャットラインが特徴のローラさん♡印象的な目をさらに強調しています。大人っぽい雰囲気ですね。

ローラさんのアイラインを真似するならブラックのリキッドライナーを使いましょう。筆ペンタイプのもので、しっかりとコシのあるものを選ぶとキャットラインが描きやすいですよ。

まずは上のライン。目頭からしっかりとまつ毛の間を埋めていきます。特徴でもある目尻のラインはスプーンのカーブを利用すると、ローラのような自然なキャットラインが左右対称に描けますよ。

下ラインは目尻から1/3にブラウンシャドウをぼかすようにすると印象的なローラさんの目元に近づけます。ブラウンのペンシルタイプを選ぶと描きやすいですね。

ダレノガレ明美さんのアイライン

目力が強く、しっかりと太さのある目尻長めラインが特徴のダレノガレ明美さん♡外国人風の元気なイメージですね。

ダレノガレ明美さんのアイラインを真似するならブラックのリキッドライナーがおすすめ。しっかりと黒さのあるディープブラックで印象的な目元を作りましょう。

ラインを引く前に半分に切った絆創膏を目尻に貼ります。これをしておけば失敗なくきれいなアイラインを引くことができます。

絆創膏に沿って太めに長く跳ね上げラインを描きます。ローラさん風で使ったスプーンよりもカーブが緩く、長く描くことができます。

下ラインは赤の部分にブラウンのペンシルライナーを使って描きます。こうすることで目頭切開したような、力強い目力を手に入れることができますよ。これでダレノガレ明美さんの大きく吸い込まれそうな目の完成です。

カラコンなしで作るハーフ顔メイク方法③アイシャドウ

アイメイクで大事なのがアイシャドウ。使い方ひとつで顔の印象もぐっと変わってきます。カラーもブラウン系で統一するとはっきりとした彫りの深い顔立ちになれますよ。
ハーフ顔メイクのアイシャドウのポイント
 ①カラーはブラウン系を選ぶ
 ②目の中心が濃くなるように

①平行な二重を作る

ハーフ顔の目の特徴は平行な二重のぱっちり目。目全体の印象をハーフ顔に近づけるために目細工やアイプチを使うのもアリですよ。

【二重の作り方】アイテープのプロセス【まあき】 - YouTube

出典:YouTube

アイテープで作る二重のプロセスを紹介いたします。

②ブラウンのアイシャドウをアイホール全体にいれる

まずはブラウンのベースアイシャドウをアイホール全体に伸ばします。あまりラメ感のないものを選んだ方が立体感が出ます。

③ベースよりも濃いシャドウを入れる

ベースよりも濃いブラウンシャドウを画像のように目頭から目じりに向かって少しずつ濃くなるように入れていきます。

④下まぶたにもブラウンのシャドウを入れる

③で使ったシャドウを下まぶたにもON。こうすることで、目全体が窪んだ様に見えるので、彫りの深いハーフ顔になれます。

ダブルラインで二重ラインを作る

アイプチやメザイクが苦手という人はダブルラインという方法で二重の線を作ることもできます。これなら抵抗なくできそうですね。

①濃いブラウンシャドウを二重幅に引く

ベースのシャドウを塗った後に濃いブラウンのシャドウを目の丸みに合わせてのせます。のせた時にはかなり濃く見えますがここは思い切りが大事!

②綿棒でぼかす

濃いブラウンシャドウを綿棒を使って上方向に馴染ませてぼかしていきます。『描きました』ではなく『影』としての役割を果たす様にすると自然な仕上がりになります。

カラコンなしで作るハーフ顔メイク方法④マスカラ

マスカラもメイクをする上では欠かせないもの。くるんとしたお人形さんのようなまつ毛が理想ですね。丁寧に塗ってまつ毛一本一本がキレイに見えるようにしましょう。
ハーフ顔メイクのマスカラのポイント
 ①カラーはナチュラルブラウンがベスト
 ②付けまつげはつけすぎない

①ビューラーでまつ毛をあげる

くるんとカールしたお人形さんのようなまつ毛もハーフ顔の魅力の一つ。ビューラーできれいなカールを作りましょう。まつ毛パーマをするのも毎日の手間が省けていいですね。

②ブラウンマスカラで仕上げる

マスカラもブラウンにすることで一気にハーフ感がアップします。あまりつけすぎると濃いギャルメイクになってしまうのでほどほどに。
付けまつげを使う際もバサバサした物よりもシンプルなものを選ぶ方がいいですね。

カラコンなしで作るハーフ顔メイク方法⑤眉

ハーフ顔メイクの眉は太目。顔の印象をグッとハーフに近づけてくれる眉毛の書き方を紹介します。いつもの眉と少し変えるだけでハーフ顔の彫りの深さを手に入れることができますよ。
ハーフ顔メイクのアイブロウのポイント
 ①眉と目の間を近づける
 ②ナチュラルな太眉
 ③少しカーブを付けて

外国人は目と眉毛までの間が日本人と比べて狭いですよね。なので、このスペースを狭く作ることがハーフ顔のコツです。より彫りが深く見え、濃い顔立ちになります。では、どうするかというと、眉を書くとき下はしっかりめに書いて上はぼかすと目と眉が近く見えます

①アイブロウペンシルで輪郭を書く

自眉より下に眉毛の輪郭を描いていきます。抜いたり剃ったりせず、あくまで自眉の形を生かすようにするとナチュラル感もアップします。太目にして目と眉の間を狭くしていきましょう。まっすぐではなく、少しカーブを付けるとハーフっぽくなりますよ。

②パウダーで隙間を埋める

輪郭を描いた中をパウダーで埋めていきます。色は明るいブラウンにすることでより色素の薄いハーフ眉になれますよ♡

③眉マスカラで自眉を馴染ませる

色素の薄いハーフ顔に近づけるために眉マスカラを使って眉全体を薄めの仕上がりにしていきます。眉マスカラをすれば太眉でも濃く見えません。

カラコンなしで作るハーフ顔メイク方法⑥ノーズシャドウ

ハーフ顔は鼻が高いのも特徴の一つ。ノーズシャドウを入れることで鼻筋の通った彫りの深い印象に仕上げましょう。
ハーフ顔メイクのノーズシャドウのポイント
 ①シャドウを乗せる位置に注意
 ②濃くなりすぎないように

眉と鼻筋をつなげるようにノーズシャドウを入れる

眉頭から鼻筋にスッと繋げるようにノーズシャドウを入れていきます。鼻先まで入れてしまうとギャル風になってしまうので注意して。色は眉よりも少し暗めのブラウンを選ぶと自然な仕上がりになります。

鼻を高く見せるために欠かせないノーズシャドウを入れるとき、重要なのは位置。鼻の横から真っすぐ長く入れると、化粧の濃い鉄仮面のような印象になってしまいます。
色をのせるのは、眉間の下の、ほんの一部。目頭と鼻の間の、指がすっぽり収まる部分に、マットなベージュを楕円形に入れましょう。

カラコンなしで作るハーフ顔メイク方法⑦チーク・リップ

ハーフメイクの仕上げはチークとリップ。シャープから可愛い雰囲気までカラーによっても雰囲気の変わるアイテムなのでその日の気分で選ぶのもいいですね。
ハーフ顔メイクのチーク・リップのポイント
 ①チークは頬の高い位置から
 ②ハイライトで立体感を出す
 ③リップはチークの色と合わせて統一感を出す

①チークを頬の高い位置から入れる

頬の高い位置から真横に入れていきます。こうすることで頬に赤みをプラスして彫りの深いハーフ顔になります。血色も良く見えて健康的な印象になりますよ。

②ハイライトを入れる

ハイライトを使うことでより顔に立体感がうまれます。鼻筋や目の下、額、あごなど明るく見せたいところにのせてみてくださいね。

③リップを塗る

リップを塗る前に少しファンデーションやコンシーラーで唇の輪郭をぼかしておくと健康的に色づいて立体感のあるきれいな唇に仕上がります。色はチークと合わせておくと統一感もでてまとまった印象になります。チークにもリップにも使えるアイテムもあるので、一つ持っておくと便利ですよ。

ハーフ顔で魅力溢れる女子になろう!

関連記事一覧