奥二重さんの悩みを解決♡魅力的な目元を作るカラーメイクのやり方

奥二重さんは目が腫れぼったく見えるなど、悩みがありますよね。カラーメイクのやり方を覚えたくても、コンプレックスのせいで無難なメイクに落ち着いている方もいるでしょう。そんな悩める奥二重さん向けに、カラーメイクのやり方を紹介します♡

奥二重もカラーメイクで魅力的に♡

カラーメイクはコツを掴めば奥二重でも簡単!

image from instagram

奥二重は二重の幅が非常に狭く、上のまぶたに隠れてしまっている状態の事を指します。
目尻側では二重ラインがなんとか見えるような状態の奥二重だと、パッと見では一重に見えることも。
二重に比べると目が小さく見えたり、瞼が腫れぼったく見えがちで、メイクするのも難しいと悩む奥二重さんも多いようです。
特に色の選択や配色のバランスが難しいカラーメイクは、挑戦する前から諦めてしまっている奥二重さんもいるのではないでしょうか。
でも、大丈夫!
カラーメイクもちょっとしたコツを掴めば、奥二重さんも魅力的な目元を作れます♡
自分の奥二重があまり好きではないと悩んでいる方も、自分の目元を好きになれるようカラーメイクに挑戦してみましょう♪

タイプ別♡奥二重さんのカラーメイクのやり方

奥二重のタイプも人それぞれ

image from instagram

一重や二重の方々の目元が人それぞれなように、奥二重さんも色々なタイプの目元の方がいますよね。
腫れぼったい目が悩みの奥二重さんもいれば、離れ目や目が小さいことに悩む奥二重さんも。
今回は奥二重のタイプ別に、カラーメイクのやり方を紹介していきます!
自分の目元と似たタイプのやり方を参考にしてくださいね♡

腫れぼったい奥二重さん向けのカラーメイクのやり方♡

腫れぼったい奥二重にはブラウンカラーメイクがおすすめ

image from instagram

一見一重のように見える、腫れぼったい奥二重…。
メイクが映えなくて憂鬱になっちゃう日もありますよね。
そんな腫れぼったい奥二重さんにおすすめのカラーメイクは、ブラウン♡
地味に思えるブラウン系アイシャドウも、複数色を組み合わせると印象的なカラーメイクになるんです◎
奥二重さんにおすすめのブラウンカラーメイクのやり方をご紹介します。

①ライトブラウンで目頭に明るさをオン
目頭をくの字に囲むように、明るいライトブラウンのアイシャドウをふわっとのせます。
目頭から目尻に向かい、アイホールにものせてみましょう。
アイシャドウはパール入りだと崩れやすくなりがちなので、マットで肌馴染みのよいナチュラルなブラウンがおすすめ◎
デート用メイクなら、ピンクブラウンで可愛さをプラスするのもGOOD!
パール入りを使いたい場合には、下まぶたに少しだけ使うといいですよ♡
②黒目の外側から目尻にブラウンの締め色をのせる
ダークブラウンなどの濃いアイシャドウは、締め色として上まぶたにライン使いをするのがポイント◎
黒目の外側からスタートし、目尻ですっと抜くのがやり方のコツです!
目元が引き締まり、奥二重さんの腫れぼったいぼんやりとした印象を解消してくれます。
赤茶色など、彩りのあるブラウンカラーを使うのもおしゃれなのでおすすめ。
③パールやラメライナーを下まぶたにのせる
下まぶたの目頭から黒目の内側はまぶたのキワに、黒目の内側から目尻にかけてはインサイドに筆先で点置きしていきます。
一見地味なブラウンも、パールやラメ入りのものを使うと華やかなカラーメイクに仕上がります♡
色味はあまり濃すぎず、明るいブラウンのアイシャドウを選びましょう◎
④アイラインもブラウンで引く
腫れぼったい奥二重さんには、アイライナーもブラウンがおすすめ!
黒のアイライナーで目元を囲むと引き締め効果によって、目が小さく見えてしまう恐れがあるので注意が必要です。
アイラインの引き方は、まつ毛とまつ毛の間を埋め、しっかりと細く引くのがポイント◎
⑤ビューラーでまつ毛をしっかりとカールさせてから、マスカラを塗る
マスカラはキープ力が強い、ロングタイプやカールタイプの物がおすすめ◎
より印象的な目元に仕上げたいときには、つけまつ毛を目尻部分のみにつけるといいですよ♡

腫れぼったいタイプの奥二重さんは、ブラウンのカラーメイクで自然な陰影をつけ、立体感を出すのを意識してメイクをしましょう!
メリハリのある目元に仕上げることで、腫れぼったさを解消できますよ。
今日はむくんでいつもよりも腫れぼったいなと感じる日には、まぶたをマッサージするのも効果的◎
親指の腹で目の上の骨に沿って軽い力で、気持ちがいいなと感じる程度に押してください。
力を込めすぎると眼球や眼窩脂肪に負担がかかり危険なので、絶対にやめましょう!
気持ちいい程度の軽い力でマッサージをするだけでもむくみが取れ、まぶたにハリが出てメイクもしやすくなりますよ♡

離れ目の奥二重さん向けのカラーメイクのやり方♡

離れ目の奥二重にはカーキカラーメイクがおすすめ

image from instagram

メイクを足せば足すほどどんどん目が離れていくように感じられる、離れ目の奥二重さん。
のっぺりとした印象の離れ目の奥二重を、カラーメイクのやり方を覚えて解消しましょう♪
離れ目の奥二重さんには、カーキなどスモーキーなカラーメイクがおすすめ♡
メイクに深みを出すと同時にホリの深さも出してくれるので、離れ目の印象をやわらげてくれますよ。
離れ目を解消する、カーキカラーメイクのやり方がこちら!

①アイシャドウは目頭側に濃い色をのせる
アイメイクは、目頭側に濃いカーキがくるようにアイシャドウを塗ります。
カーキと相性のよいブラウン、ベージュなどのベーシックカラーのアイシャドウを、黒目の内側に置くのがやり方のポイント◎
視覚効果により目が寄って見え、奥二重の離れ目を解消してくれます。
②アイラインは中央を太く、目尻に向かい細く引く
アイラインは中央を太く引くのが、奥二重さんの寄せメイクのやり方で特徴的なポイントです◎
目尻ラインを太くしてしまうと目尻側の印象が強まり、より目が離れた印象になるのでNG!
③目頭にくの字のアイラインを引く
目頭の部分にくの字にアイラインを入れることで、目線を中央に集めやすくなります。
目頭のラインを描くのと描かないのでは印象がかなり変わるので、試してみてください♪

アイメイク以外にも、眉毛のメイクで眉頭をぼかしながら描き、鼻筋まで自然にぼかすと立体感が出て、離れ目を解消しやすくなります。
ノーズシャドウを入れてメリハリをつけるのも効果的なので、アイメイクだけでなく顔全体のバランスを考えてメイクをしましょう◎

つり目の奥二重さん向けのカラーメイクのやり方♡

つり目の奥二重にはグレーカラーメイクがおすすめ

image from instagram

つり目の奥二重さんは、目元がキツイ印象になりやすいと悩む方が多いですよね。
でも、大丈夫♪
メイクのやり方を少し変えるだけで、目元の印象をやわらげることができるんです。
つり目のキツイ印象を変えてくれる、グレーカラーメイクのやり方をご紹介します。

①アイホール全体にベージュ系のアイシャドウをのせる
ベースとなるベージュ系のアイシャドウは、ふんわりとのせましょう。
②グレーのアイシャドウを目尻に向かい、横にのばして入れる
グレーのアイシャドウは目尻側が太くなるように入れていきます。
目の横幅を広げるように意識してライン状に入れるのが、やり方のコツです◎
③下まぶたにもグレーのアイシャドウをのせる
目尻の部分は上まぶたとくの字になる辺りを濃くいれ、目頭に向かい薄く仕上げます。
自然なグレーのグラデーションにするために、目頭部分にはホワイトやグレーを軽くのせるのもおすすめ♡
④アイラインは目尻の部分を少し下げてから、跳ね上げる
奥二重のつり目さんのアイラインは、猫目に引くのがおすすめです。
やり方のポイントは、タレ目風に一度下げてから跳ね上げること!
アイラインを一度下げることで、つり目のキツイ印象が解消され目力がある優しい目元を作れますよ◎
⑤跳ね上げたアイラインと繋がるように、下まぶたにもアイラインを引く
目尻の部分にくの字を描くようなイメージで、跳ね上げたアイラインと繋げて引きます。
目尻側にラインを引き目幅を広げることで、猫目の印象がUP!
⑥マスカラで目尻を強調する
ビューラーでまつげをしっかりとカールし、目尻の印象を強めるようにマスカラを塗っていきます。
目尻だけロング効果の高いマスカラを使うなど、マスカラの使い分けをして強調するといったやり方でも大丈夫ですよ◎
目尻にマスカラをつけることで二重幅が強調され、魅力的な猫目が完成します♡

つり目の奥二重さんは、グレーやシルバーなどのカラーメイクと相性がよいです。
グレー系のカラーメイクに慣れていない方は、グラデーションカラーでパレットが構成されたアイシャドウを使うとやりやすいですよ。

目が小さめの奥二重さん向けのカラーメイクのやり方♡

目が小さい奥二重にはピンクベージュカラーメイクがおすすめ

image from instagram

まぶたが腫れぼったいせいで、目が小さく見えやすい奥二重さん。
そのため、腫れぼったい印象になりやすいピンク系のアイシャドウを避けている方もいるのではないでしょうか。
しかし、ピンク系でもピンクベージュなら、目が小さく見えやすい奥二重さんにも使いやすいカラーなんです!
ピンクベージュのアイシャドウを使った、奥二重さん向けのデカ目カラーメイクのやり方をご紹介します。

①アイラインを目尻よりも3mm程度長めに、真横に伸ばして引く
アイラインはまつ毛の間も丁寧に埋めていきましょう。
真横に伸ばしてアイラインを引くことで、目を開いた状態でもアイラインが見えて自然なぱっちり目に仕上がります◎
②ベースカラーのアイシャドウをアイホール全体にのせる
ベースには、ベージュ系の明るいカラーのアイシャドウを使いましょう。
③ピンクベージュのアイシャドウを、上まぶたの半分程度までのせる
目もとから①の半分程度の高さまで、ピンクベージュのアイシャドウを軽くのせます。
④奥二重の二重幅の位置に、濃いピンクベージュのアイシャドウを引く
締め色として濃い色のピンクベージュを、二重幅の位置に引いていきます。
あまり太く引くと二重幅が埋まってしまうので、細めに引くのがやり方のポイントです◎
⑤上まぶたの黒目の位置に、縦のラインでハイライトカラーをのせる
ハイライトは白よりも、ほのかにピンクを帯びたカラーがおすすめ♡
しっかりとのせずに、軽くポンポンとつける程度で大丈夫ですよ。
⑥涙袋にもピンクベージュのアイシャドウをのせる
涙袋メイクをすることで、目の縦幅を大きく見せることができます。
ピンクベージュカラーメイクでは、涙袋に薄めのピンクベージュを軽くのせましょう。
涙袋の下のラインに、影色のブラウンで薄く影をつけるとよりぷっくりとした涙袋に仕上がりデカ目効果アップ◎

膨張色のためあまりピンクや赤が強いと、まぶたが腫れぼったくなりやすいので色選びが重要になります。
初めてピンクベージュカラーメイクに挑戦する方は、ほんのりとピンクを含む程度の落ち着いたベージュを選ぶといいですよ♡
ピンクベージュメイクのときには、赤リップなどは避けリップもあまり色味が強くないカラーにし、リップグロスも控えめにするのがおすすめ。
大胆な色使いはしなくても、肌なじみのいいニュアンスピンクで女性らしさを出すメイクテクニックです◎

カラーメイクでは肌のタイプにも注目♡

肌のタイプによって似合う色と似合わない色がある

image from instagram

目の形ごとにおすすめカラーや塗り方を紹介しましたが、カラーメイクには注目するべきポイントがもう1つあります。
メイクだけでなくファッションでのカラー選びでも重要となる、自分の肌のタイプです。
肌は大きく分けると、ブルーベースとイエローベースの2タイプに分類されます。
自分がどちらのタイプなのか、気になりますよね。
ブルーベースさんとイエローベースさんの特徴を簡単にまとめて紹介します。

・ブルーベース:腕の血管が青色に見える、目の白目が青みを帯びている、瞳の色は黒色寄り
・イエローベース:腕の血管が緑色に見える、目の白目が黄みを帯びている、瞳の色はブラウン色寄り

ブルーベースさんとイエローベースさんでは、似合う色にも違いがあります。
普段のメイクでもリップやアイシャドウの色が浮いてしまい、失敗した経験を持つ方もいるでしょうか。
ブルーベースとイエローベースそれぞれに似合うアイシャドウの色がこちらです!

・ブルーベース:グレー系、ブルー系、ピンク系、
・イエローベース:ブラウン系、オレンジ系、グリーン系、コーラルピンク

基本的には、ブルーベースさんは寒色系の青みカラーと相性がよく、イエローベースさんは暖色系の黄みカラーと相性がよいです。
そのため、赤系アイシャドウでもピンク寄りだとブルベさんに似合いますし、オレンジ寄りだとイエベさんに映えます◎
また、アイシャドウの場合にはラメの色もポイントとなります。
ブルーベースさんはシルバー系パールと相性がよく、イエローベースさんはゴールド系ラメと相性ばっちり♡
色のニュアンスや含まれるラメの色も考慮して、自分の肌に映えるカラーメイクを楽しんでくださいね!

奥二重さんのカラーメイクに使える♡おすすめアイシャドウ

奥二重さん向けアイシャドウならカラーメイクも簡単♡

image from instagram

カラーメイクのやり方がわかったところで、ここからはおすすめアイシャドウを紹介します。
たくさんのブランドが様々な製品を発売しており、アイシャドウ選びは楽しいけれど悩みの種でもありますよね。
今回は奥二重さんの目元悩みを解消してくれる、使いやすくてカラーが豊富なアイシャドウを厳選しました◎
手軽に試せるプチプラから、大人の品格漂うデパコスまで幅広く紹介するので参考にしてくださいね♡

リンメル(RIMMEL) プリズム パウダーアイカラー

リンメル(RIMMEL) プリズム パウダーアイカラー

864円

パウダータイプの単色アイシャドウ。
カラーは全17色が用意されています。
・シャインカラー(薄づき):大粒パール入り7色
・アクセントカラー(高発色):パールタイプ4色、大粒パールタイプ2色、マットタイプ4色

2018年10月5日に新色10色が登場し、全17色の豊富なカラーバリエーションで注目を集めるアイシャドウです。
既存のシャインカラーは薄付きでしたが、新色は高発色のアクセントカラーのためメイクの幅もぐっと広がりました。
特に高発色のマットタイプでは、モスグリーンやワインレッドなど大人メイクに使いやすい、深みのあるカラーが発売されています。
手ごろな価格なのにひと塗りでしっかりと発色する高発色タイプなので、コスパのよさもばっちり♡
深みのあるカラーを使い、ぼんやりとした目元に存在感を与えたい奥二重さんにおすすめのコスメです◎

キャンメイク(CANMAKE) パーフェクトスタイリストアイズ

キャンメイク(CANMAKE) パーフェクトスタイリストアイズ

842円

5色がセットになったパウダーアイシャドウ。
使いやすい先細チップとブラシのダブルエンドが採用されています。
カラーは全10種類での展開です。

プチプラの人気コスメブランド、キャンメイクが手がけるアイシャドウです。
パレットはメインカラー2色とベースカラー、ラインカラー、トッピングジュエルの5色入りとなっています。
トッピングジュエルでラメ感を自由にプラスできるのが、使いやすいポイント◎
ラメ感が強いとまぶたが腫れぼったくなりやすいのが悩みの奥二重さん向けの、プチプラおすすめアイシャドウです♡

シャネル(CHANEL) オンブル プルミエール クレーム

シャネル(CHANEL) オンブル プルミエール クレーム

3900円

まぶたにしっかりとフィットする、クリームアイシャドウ。
カラーは数量限定発売も含め、全10色での展開です。

女子の憧れのデパコスブランド、シャネルが手がけるクリームタイプのアイシャドウです。
しっとりとした質感でまぶたにフィットし、透明感と濡れたようなツヤ感を与えてくれます。
単体で使う以外にも、アイシャドウベースとして使用し上からパウダーを重ねるといった使い方も可能です◎
付属のブラシを使うと細かなパール感の美しい薄付き、指で塗ると色味が出やすいので好みに合わせた塗り方が試せます♡
ヨレにくく持ちもよいと好評なので、綺麗なカラーメイクを長時間キープしたい奥二重さんにおすすめの化粧品です。

アディクション(ADDICTION) ザ アイシャドウ

アディクション(ADDICTION) ザ アイシャドウ

2160円

パウダータイプの単色アイシャドウ。
保湿効果を持ち美容液にも使われる、センチフォリアバラ花エキスを配合。
4タイプの異なる質感で、99色の豊富なカラーが用意されています。
・シルキー (S):薄付きで繊細なパール感
・マット (M):ノンパールの高発色タイプ
・パール (P):パール感の異なる様々なカラー展開
・メタリック (ME):ツヤ感のあるメタリックな仕上がり

全99色という圧倒的なカラーバリエーションで根強い人気を誇る、アディクションのザアイシャドウ。
99色の他に限定色も発売されるため、色にこだわるカラーメイクにおすすめのアイシャドウです◎
奥二重さんにおすすめのカラーは、こちら!
・94 Shangri-La (ME) シャングリラ:リッチにつやめくガーネット
パール感のあるレンガ色が目元に馴染み、血色感を演出してくれるカラーです。
涙袋にのせたり、秋メイクとの相性もいいのでアクセントカラーとして使用すると、アイメイクに抜け感が出ますよ♡
様々な色でカラーメイクを楽しみたい奥二重さん向けの、おすすめアイテムです。

自分に合った奥二重カラーメイクを楽しもう♡

奥二重のカラーメイクの可能性は無限大♡

image from instagram

奥二重のタイプ別に、カラーメイクのやり方を紹介いたしました。いかがでしたか?
トレンドカラーのアイシャドウを目尻や目元にポイント使いをするだけでも、一気に旬顔になれますよ♡
奥二重をコンプレックスに感じ、カラーメイクはできないと思っていた方も、自分に合ったやり方でカラーメイクを楽しんでくださいね!

奥二重さんのカラーメイクのやり方なら、こちらもチェック♪

関連記事一覧