【2017最新】女性におすすめの新書10選

女性におすすめの新書を、教養・恋愛・生活に分けて10冊まとめてみました。どれも見た目に反して読みやすいものばかりなので、新書デビューの人にもおすすめです。

Twitter Facebook LINE

567view

お気に入り

様々な恋愛の壁を乗り越えてきた著者が、「恋愛障害」に悩む女性に贈る22の言葉がまとめられている著書です。クセの強い男性ばかりを捕まえてしまう女性は必見です。

値段:799円

普通の幸せって、難しい。「自分には、一生いい恋愛なんてできないかもしれない」と考えるあなたへ贈る22のエクササイズ。
なぜ普通に愛されないかがケースバイケースで解決策まであったのがよかった。
今までいい恋愛してこなかったし、さくっと結婚してフェイスブックへ子供の写真を投稿する人たちは宇宙人くらい遠い存在でした。
でもこの本を読んで何で自分はほかの人みたいにいい恋愛ができないか見えてきました。

きちんと理論立てて解説されていたら、愛されない理由も納得できますよね。

この本に登場する男性の話もねぇ、なんかもう、読んでいて「酷いな〜」って思うような人がたくさんおり・・・とりあえず、私に近しい人には、いないなと。ああ、私ってとても恵まれているのね〜なんてことは、この本を読みつつ、改めて、実感しましたね・・・。

当てはまらない人は共感できない部分も多いと思いますが、こじらせ系女子にはあるあるなのではないかと思います。

『婚活マーケティング―いい男はマーケティングで見つかる』江藤あおい・永島もえ著/ディスカヴァー携書

婚活をマーケティングになぞらえた著書です。婚活という言葉が流行る前に企画されたそうなので、今読むとまた新しさを感じられるかもしれません。

値段:1,080円

本書では、「婚活」を題材に、同世代の著者がその理論をわかりやすくひもといてくれる。
「婚活」と「マーケティング」が同時に学べ、さらに自分の「売り」は何なのかを見つける
こともできる「パートナー獲得戦略プロジェクト」本、待望の復刊である。
以前、恋愛などのジャンルは、マーケティングが当てはまるのではないか?
と考えた事がありました。
本書はある一人の女性の婚活での相手のターゲット設定から、
最終的な「獲得」に至るまでを
マーケティングの観点で書いてあり、同時にマーケティングの基本を
学ぶ事が出来る本です。
男性というより、女性にオススメしたい本です。

婚活のために読んでいたらいつの間にかマーケティング術も身につくというおもしろい一冊です。

一人の女性に焦点を当てて話が進みます。
30代女子、自分と重なる部分が多く、楽しく読めました。
ただ、分析後主人公の女性のようにいけばいいのですが・・・。

30代の女性がターゲットのようですが、20代でも十分勉強になる内容です。これを読んだら実践してみましょう!

『パーソナリティ分析(恋愛編)』岡田尊司著/青春新書INTELLIGENCE

パーソナリティ理論という心理学の分野から見た恋愛の傾向を分析した著書。科学的に導いているので、説得力があります。

値段:895円

パーソナリティ分析とは、パーソナリティ理論に基づいた心理行動分析の手法である。
パーソナリティのタイプによって、その人の恋愛の傾向やパターンがわかるだけでなく、二人のタイプの組み合わせによって、どういう結果を招きやすいかを高い確度で予測できる。
どのように恋愛すればいいかわからない人も、パートナーと別れるべきか悩んでいる人も、本書によって、客観的な指針となる一つの答えが見えてくるはずだ。
精神医学や臨床心理学が長年培ってきた経験知によって、
あくまでも科学的な論拠に基づく見地から客観的指針とアドバイスを打ち出しています

自分の性格について改めて見直してみる良い機会になるかもしれません。

自分の恋愛の傾向を知るのに、参考になると思います。年齢に関係なく読めます。

すべての年代に当てはまるのは、なんとも心強い!

女性におすすめの新書(生活編)

『働く女子の運命』濱口桂一郎著/文春新書

女性にとっての「労働」を会社の仕組みや歴史から分析した著書。働きにくさを感じている方は、これを読めばスッキリするかもしれません。

値段:842円

女性の「活用」は叫ばれて久しいのに、日本の女性はなぜ「活躍」できないのか?
社会進出における男女格差を示す「ジェンダーギャップ指数2015」では、日本は145カ国中101位という低い数字。その理由は雇用システムの違いにある。
ジョブ(職務)=スキル(技能)に対して賃金を払う〈ジョブ型社会〉の欧米諸国と違い、日本社会では「社員」という名のメンバーを「入社」させ、定年退職までの長期間、どんな異動にも耐え、遠方への転勤も喜んで受ける「能力」と、企業へ忠誠を尽くす「態度」の積み重ねが査定基準になりがちだ。このような〈メンバーシップ型社会〉のもとでは、仕事がいくら出来ようとも、育児や出産の「リスク」を抱える女性は重要な業務から遠ざけられてきた。なぜそんな雇用になったのか――その答えは日本型雇用の歴史にある。
本書では、豊富な史料をもとに、当時の企業側、働く女子たち双方の肉声を多数紹介。歴史の中にこそ女子の働きづらさの本質があった! 老若男女必読の一冊。
「運命」という題名で、「受け」を狙った軽い本と勘違いされる方がいらっしゃるかと思いますが、非常に学術的な本です。
私は、海外勤務が長く、海外には「一般職」に当たる制度はありません。 定型事務を担当するクラークという職務はありますが、男性も女性もいます。 女性だけの「一般職」という制度は非常に居心地が悪く違和感を感じていたのですが、この本を読んで、一体何故日本にだけ「一般職」という制度があるのかが、はじめてわかりました。

海外と比べたとき、日本の女性に対する会社・社会での対応の遅れがよくわかるようです。

非常に分かりやすく、日本の賃金体系や、長時間労働の原因がなど書かれていて、大変勉強になった。
日本が女性を、特にワーキングマザーを活躍させられるはずがない、と痛感する一方、その状態から何ができるのかを考えるきっかけとなった。

女性のみならず、男性にも読んでもらいたい一冊です。

関連するまとめ一覧

とろ〜りチーズがたまらない!チーズタッカルビが美味しいお店〜大阪編〜

韓国で人気に火がつき、日本でも話題沸騰中の「チーズタッカルビ」今回は、大阪で食べられるチーズタッカルビが美味しいお店7選を紹介します。

abimi / 235 view

とろ〜りチーズがたまらない!チーズタッカルビが美味しいお店〜東京編〜

韓国で人気に火がつき、日本でも話題沸騰中の「チーズタッカルビ」今回は、日本のコリアンタウン新大久保を中心に、東京で食べられるチーズタッカルビが美味しいお店7選を紹介します。

abimi / 1705 view

インスタで話題!ゴープロのある生活を覗いてみよう♪

インスタで話題となっているゴープロのある生活。ゴープロとはカメラの事で、毎日の思い出や記録に残しておきたい場面などを撮ることが人気となっています。あなたもゴープロのある生活をちょっと覗いてみませんか?

ayasaboo / 3282 view

関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

ライフスタイルまとめランキング

昨日人気のあったライフスタイルのまとめ

人気のキーワード

いま話題のキーワード