• HOME
  • メイク
  • 30代のメイク♡メイクの仕方、方法・メイク術・おすすめメイク道具

30代のメイク♡メイクの仕方、方法・メイク術・おすすめメイク道具



30代のメイクは年齢と共に変化する肌に合わせていくことが大切です。流行も取り入れつつ自分に合ったメイクをすることで、30代らしい綺麗なメイクに仕上げることができます。
30代におすすめのメイク術(ファンデーション、アイメイク、チーク、リップなど)を画像を使って紹介します。おすすめのメイク道具や人気のブランド商品も参考にしてみてください。

30代のメイクとは・・・

.

30代のメイクは、10代、20代のように濃いだけのメイクはNGです。
お肌も少しずつ変化してるので、メイクも変化させることが大事!
そこで、30代のメイク術についてまとめました。
30代のメイクの仕方や方法、メイク道具など参考にしてみてください。
〈MENU〉
・30代のメイクはベースが大事♡
・30代におすすめのメイクの仕方♪
①ベースメイク
②アイブロウメイク
③アイメイク
④チーク
⑤リップメイク

30代のメイクはベースが大事♡

30代はメイクの前にスキンケアがとても大切です。
スキンケアと同じように、クレンジング(メイク落とし)も大事なので、メイクを落とさないで寝ることは絶対にNGです。
スキンケアを丁寧にし肌の内側から潤いをもたせると、ベースメイクのファンデーションののりも違ってきます。
素肌が綺麗だと、ナチュラルメイクでも透明感がある肌で若く見せることもできます♪

30代は、お肌が一番輝いているときだと個人的には思います。
そのため、毎日のスキンケアだけはしっかりおこなってメイクはナチュラルに仕上げるので十分なのです。

30代におすすめのメイクの仕方♪

30代のメイクの仕方5つのポイント

①ベースメイク:厚塗りNG!
②アイブロウ:平行眉&太眉
③アイメイク:アイシャドウは1色使い、アイラインで引き締め
④チーク:頬の高い位置に入れるのはNG!
⑤リップ:保湿をしっかりと、レッド系の口紅

30代のメイクの仕方①ベースメイク

30代のベースメイクは厚塗りにならないように、ナチュラルに仕上げることが大切です。
30代は、かさつき・くすみ・毛穴悩み・シミなどの肌トラブルが増えますが、それを隠そうと何度も重ねて厚塗りすることで、老けた印象や化粧崩れの原因にもなります。
気になる肌の悩みは最小限にカバーしながら、ナチュラルにメイクに仕上げましょう。

30代ベースメイクで使うもの
・化粧下地
・リキッドファンデーション
・フェイスパウダー
・コンシーラー(必要な時に)

1.スキンケア後、化粧下地を顔全体にのばします。
(基本はパール1粒大が目安量)

2.毛穴などの気になる頬から塗ります。片側ずつ、内から外へ塗ります。

3.リキッドファンデーションも、基本は、パール1粒大が目安量です。
この量を顔全体にのばします。

4.リキッドファンデーションも下地と同様に、肌の悩みが気になる頬から内から外に向かって塗ります。
鼻は皮脂が多く崩れやすいので、量を控えて下さい。
リキッドファンデーションは、指の体温によってフィット感がUPするので指を使って塗るのがおすすめ!

5.コンシーラーを使うときは、リキッドファンデーションを塗った後に使います。
気になる部分にコンシーラーを少量塗って軽くトントンを叩きながらなじませます。

6.パフにフェイスパウダーをとり、揉みこむようにしてパフになじませます。
その後、手の甲で軽く2~3回トントンとして余分な粉が落ち適量になります。

7.パウダーを含ませたパフを顔の中心から外側に向かって、押さえるようにのせます。
小鼻などの細かい部分は丁寧に。
フェイスラインも、首と顔の境目を意識してのせます。
これでナチュラルなベースメイクの完成!

30代メイクにおすすめのベースメイク道具

化粧下地「マキアージュ パーフェクトマルチベースBB」

オールシーズン使える化粧下地で、毛穴や色ムラをカバーできるコンシーラー効果もあります。
美容液成分も入ってるので、30代の乾燥した肌でも艶やかな肌に仕上げることができます。
ファンデーションののりも良く厚塗りならないのでおすすめ!

ファンデーション「エスティーローダーリキッドファンデーション」

30代のシミやクスミをしっかりカバーしてくれて、セミマットな仕上がりになるリキッドファンデーション。
滑らかなテクスチャーなので、肌にしっかりフィットして化粧もちが持続します。

ルースパウダー「エレガンス / ラ プードル オートニュアンス」

色とりどりのペールトーンのパウダーで、シルクのような肌触りと透明感を与えてくれるプレストパウダーです。
キメ細かさ、明るさをだしてくれます。

値段は張りますが、これで仕上げるのと仕上げないのとでは明らかにお顔のトーンが違ってきます。
毛穴カバーもしっかりでき、サラサラな仕上がりで崩れません。

30代のメイクの仕方②アイブロウメイク

30代になるとたるみなどもでてきて、眉毛も下がり始めます。
なので、30代のアイブロウメイクはキツくならない平行眉で、少しだけ太眉にするのがおすすめです。
眉毛の色は自然に見えるように髪の色に合わせましょう。

1.眉毛の足りないところをアイブロウペンシルで形を作ります。

2.眉山から眉尻に向かって、パウダーをなじませたブラシで描きたします。
パウダーで書くことで自然な仕上がりになります。

3.眉山から眉頭に向けては薄く描きたします。
眉山が一番濃い状態が理想です。

30代のメイクにおすすめアイブロウ道具

「エクセル パウダー&ペンシル アイブロウEX」

ペンシルとパウダーがセットになっているので使いやすくて便利!
パウダーで、ぼかしの効いた美人眉が描けます。

ペンシルのやわらかさがちょうどよくて描きやすいです。
自然に仕上がり、自分には色もちょうどいいです。

「ミュゼル ノクターナル アイブロー パウダー」

髪色に合わせやすい3色セットのアイブロウパウダー。
きめ細かいパウダーが肌に馴染み自然に仕上がるので、30代の眉メイクにおすすめです。

これを初めて購入したのは1年半前ですが、今流行りのふんわり眉にすることが出来ます。
余計にラインを足すことなく、自眉に足すだけでふんわりぼかし眉が完成するので重宝しています。

30代のメイク仕方③アイメイク

30代のアイメイクは、目を大きくする囲みラインやダークブラウンのグラデーションアイメイクをすると、逆に老けた印象を与えてしまいます。
そこで、30代のアイメイクは、優しい色の一色使いやベージュ系ハイライトで自然な立体感をつくるのをおすすめします。

1.アイホール全体に、パール系ハイライトをのせます。
アイホールに優しい色を一色だけのせるのが、30代のアイメイクにはおすすめです。

2.まつげの間を埋めるようにアイラインをひきます。
一重の人は、アイラインが太くなり過ぎないように気をつけて下さい。

30代におすすめアイメイク道具

アディクション / ADDICTION ザ アイシャドウ

99色の豊富なカラーが揃う、アディクションアイシャドウ。
パール感や透明感、つや感、キラめき感を表現できます。
雑誌などにも掲載されるほど人気商品です。

普段のアイシャドウの上に塗ると元々塗っていたアイシャドウの邪魔をせずキラキラが足されるので使いやすいです。
また中々減らないのでコスパもいいです!

ヴィセ リシェ スーパースリム ジェルライナー

1.5mmの極細ジェルアイライナーなので、インサイドのラインも簡単に引けます。
ナチュラルなアイメイクに仕上がります。

ランコム リネプリュム

繊細なラインも引きやすく手にもしっかりフィットする、筆型リキッドアイライナー。
ウォーターベースインクで滲みにくい&落ちにくいのもの◎

不器用な私でもキレイにラインが描けて、滲まない!

30代のメイクの仕方④チーク

チークは正しい位置に入れることで、健康的で若々しい印象に仕上がります。
30代は、20代のように頬の高い位置に入れてしまうと逆に老けて見えてしまうので注意しましょう。

1.真顔の状態で、頬の高い位置からこめかみに向かって薄くなるようにチークを入れます。
顔の血色を良くする目的なので、ナチュラルな感じがおすすめです。

2.チークを入れた所から目尻にかけてハイライトを入れます。
そうすることで、肌のハリ感がアップした印象に!
ハイライトを入れると立体感がでて、若々しく仕上がります。

30代におすすめのチーク道具

ジルスチュアート ミックスブラッシュ コンパクト N

カラーの発色が良いジルスチュアートのチーク。
パウダーなのにしっとりしていておすすめです。
クリスタルフローラルブーケの香りで、女子力もアップ♡

発色が良く、色むらもなくふんわりとつくのでリピートです。
今まで使ったチークの中ではダントツ1位。これからも使い続けると思います。

MiMC ミネラルクリーミーチーク

MiMCプレミアムクリーミーシリーズのチークです。
美容成分がたっぷりはいっているので、メイクをしながらエイジングケアをしてくれる優れもの!

クリームチークって難しそうで今まで躊躇っていましたが購入して本当に正解でした!
頬が乾燥ぎみでしたがしっとりしますし、発色が良くとっても綺麗に見えます。

30代のメイクの仕方⑤リップメイク

リップは、基本的にチークの色と合わせましょう。
30代のリップメイクは、ナチュラルな艶感を与えながら健康的に見えるように、レッド系がおすすめです。
30代の唇は乾燥しやすいので、リップクリームなどでの保湿ケアを大事にして下さい。

1.リップクリームを縦に塗りしっかり保湿します。
唇が乾燥していたり荒れていたりすると、乾燥による縦シワなどが目立ってしまいます。

2.ティッシュを軽く唇にあてて、余分な油分をオフします。
こうすることで、口紅ののりが良くなります。

3.上唇を①のように口角から内側に向けて口紅を塗ります。
下唇も②のように口角から内側に塗ります。

4.唇を色っぽく見せたいときは、グロスを塗って仕上げます。

30代におすすめのリップ道具

ゲラン ラ プティット ローブ ノワール リップ

発色が良く唇にしっかり馴染みます。
塗る回数によって色合いを調整できます。

非常に肌なじみの良い色ですが,きちんと塗っている感も出ます。
匂いが気になる方がいるかとは思いますが,潤い,落ちにくさの点において私は非常に気に入っています!

ランコム / ジューシー シェイカー

フルーツやナッツ由来の3 種類のオイルをギュッと凝縮されてる口紅です。
栄養成分たっぷりで、うるうるぷるぷるの唇になります。

綺麗な発色だけど艶っぽく唇にふわっとなじむので、はっきりしすぎず、柔らかい印象です。
パッと顔が華やかになります。
香りもベリーて美味しい香りです^ ^

メイクの仕方で変わります♡

メイクの仕方は年齢や時代によって変わります。
自分の年齢に合ったメイクをしていつまでも綺麗でいたいですよね♪
是非、参考にして下さい。

関連記事一覧