【茶髪・白髪】リタッチカラーの頻度は?安くキレイに仕上げる方法

髪の毛を染めている人にとって、どのくらいの頻度で染め直すのか、その費用についてなど、悩む点がたくさんありますね。セルフでやるか美容室へ行くのかなどもそれぞれメリット・デメリットがあります。色々な方面から調べてみました!

Twitter Facebook LINE

8770view

お気に入り

リタッチカラーについて

リタッチカラーとは

よく耳にする「リタッチカラー」、
おしゃれカラーリングの場合は、
元の地毛が伸びてきて黒く見えてしまう部分を染めること、
白髪染めの場合は、
白髪が見えてきてしまった部分を染めることです。

リタッチカラーとは、おしゃれ染めや白髪染めと同様、ヘアカラーの一つで、髪の毛が伸びた根元の部分だけを染めるカラーリングの方法です。

髪の毛は1ヶ月に約1センチ伸びるので、前回髪の毛を染めた部分に、根元から黒く伸びてきて染めてない部分と染めた部分とに色が分かれてきます。
染めた髪の毛の色にもよりますが、1センチ位の伸びならば多少は目立ちませんが、2ヶ月も経つと根元は2センチ以上は伸びていて、根元と毛先の髪色の差がさらに目立ってしまいます。

そこで、前回髪を染めた同じカラーを使用して、伸びた根元の黒い部分だけを染めて前回のカラーとキレイになじませるカラーリング方法を「リタッチカラー」と言います。

リタッチカラーのメリットとデメリット

【メリット⭕️】
*根元だけのカラーリングなので時間が短い
*染める部分が少ないので無駄がない(安上がり)
*全体を染め直すわけではないので髪の毛が痛みにくい

【デメリット❌】
*根元以外の部分は染め直さないので色味が落ち着かない(統一感がない)

▼リタッチカラーでお悩みの方も多いようです。

リタッチカラーは、
美容院でやる方法と、
自宅でセルフでやる方法があります。

おしゃれカラー・白髪染めに分けて、
それぞれのメリット・デメリットを調べてみましょう!

リタッチカラー<茶髪・白髪>セルフ/美容室 頻度や予算など

【おしゃれカラー 茶髪・明るい色】のセルフでのリタッチカラーの場合

リタッチカラーを、
自宅で自分でやる場合の方法はどんなもの?
頻度や予算、
メリット・デメリットについてもまとめてみました。

セルフリタッチカラー(おしゃれカラー)*準備編

セルフリタッチカラー(おしゃれカラー)*準備編

・市販のヘアカラー剤
・ハケや使い捨てのビニール手袋
(ヘアカラー剤に付属されている場合が多い)
・耳キャップ
(ラップなどで代用可能)
・汚れても良いクロスやケープ、エプロンなど
(ゴミ袋などで代用可能)
・汚れても良いタオル
・コールドクリーム
(ワセリンでも可)
顔にカラー剤がたれて付着するのを防ぎます。
・鏡

関連するまとめ一覧

寝ながら美容♡「ナイトクリーム」の魅力&おすすめアイテムご紹介!

毎日忙しくて美容にかける時間がない!という人も多いのではないでしょうか? そこでおすすめしたいのが、寝ながらキレイになれる「ナイトクリーム」なんです♡ 今回は、ナイトクリームの魅力やおすすめのアイテムをご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね!

CHIZURU / 1165 view

スキンケアは「無印良品」で!全シリーズをご紹介◎

あれもこれも…と、肌にいいと思って色々やっていても、それが過剰スキンケアになっていませんか? 意外とやりすぎてしまうスキンケアは肌への負担となってしまうので、なるべくシンプルなものを使いたですよね! 今回は「無印良品」でゲットできるスキンケアシリーズを、すべてご紹介します! ぜひ、参考にしてみてくださいね♡

CHIZURU / 1760 view

2018年上半期♡ベストコスメランキング【ボディ&ヘアケア編】

2018年も半分が過ぎ、雑誌やSNSなどでは上半期のベストコスメが続々と発表されています。機能や効果・使用感・口コミなどをもとに選ばれるベストコスメは、これから新しいコスメを取り入れる時の参考にもなりますよね♪そこで今回は、2018上半期ベストコスメ【ボディ・ヘアケア編】をシャンプー・コンディショナー、ボディウォッシュ、ボディ保湿のアイテム別にランキング形式でご紹介します。

abimi / 1771 view

ビューティーまとめランキング

昨日人気のあったビューティーのまとめ