【茶髪・白髪】リタッチカラーの頻度は?安くキレイに仕上げる方法

髪の毛を染めている人にとって、どのくらいの頻度で染め直すのか、その費用についてなど、悩む点がたくさんありますね。セルフでやるか美容室へ行くのかなどもそれぞれメリット・デメリットがあります。色々な方面から調べてみました!

Twitter Facebook LINE

9286view

お気に入り

リタッチカラーについて

リタッチカラーとは

よく耳にする「リタッチカラー」、
おしゃれカラーリングの場合は、
元の地毛が伸びてきて黒く見えてしまう部分を染めること、
白髪染めの場合は、
白髪が見えてきてしまった部分を染めることです。

リタッチカラーとは、おしゃれ染めや白髪染めと同様、ヘアカラーの一つで、髪の毛が伸びた根元の部分だけを染めるカラーリングの方法です。

髪の毛は1ヶ月に約1センチ伸びるので、前回髪の毛を染めた部分に、根元から黒く伸びてきて染めてない部分と染めた部分とに色が分かれてきます。
染めた髪の毛の色にもよりますが、1センチ位の伸びならば多少は目立ちませんが、2ヶ月も経つと根元は2センチ以上は伸びていて、根元と毛先の髪色の差がさらに目立ってしまいます。

そこで、前回髪を染めた同じカラーを使用して、伸びた根元の黒い部分だけを染めて前回のカラーとキレイになじませるカラーリング方法を「リタッチカラー」と言います。

リタッチカラーのメリットとデメリット

【メリット⭕️】
*根元だけのカラーリングなので時間が短い
*染める部分が少ないので無駄がない(安上がり)
*全体を染め直すわけではないので髪の毛が痛みにくい

【デメリット❌】
*根元以外の部分は染め直さないので色味が落ち着かない(統一感がない)

▼リタッチカラーでお悩みの方も多いようです。

リタッチカラーは、
美容院でやる方法と、
自宅でセルフでやる方法があります。

おしゃれカラー・白髪染めに分けて、
それぞれのメリット・デメリットを調べてみましょう!

リタッチカラー<茶髪・白髪>セルフ/美容室 頻度や予算など

【おしゃれカラー 茶髪・明るい色】のセルフでのリタッチカラーの場合

リタッチカラーを、
自宅で自分でやる場合の方法はどんなもの?
頻度や予算、
メリット・デメリットについてもまとめてみました。

セルフリタッチカラー(おしゃれカラー)*準備編

セルフリタッチカラー(おしゃれカラー)*準備編

・市販のヘアカラー剤
・ハケや使い捨てのビニール手袋
(ヘアカラー剤に付属されている場合が多い)
・耳キャップ
(ラップなどで代用可能)
・汚れても良いクロスやケープ、エプロンなど
(ゴミ袋などで代用可能)
・汚れても良いタオル
・コールドクリーム
(ワセリンでも可)
顔にカラー剤がたれて付着するのを防ぎます。
・鏡

関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連するまとめ一覧

アラサーから始めるアイケア♡マッサージ・アイクリームの使い方

アイケアのやり方・マッサージやアイクリームの塗り方をご紹介します。 目元のシワやクマ、たるみが気になっていませんか?まだ大丈夫!と思っている人も気づいた時はもう遅い…そうなる前に今のうちから早めのアイケアが必要です!アラサーから始めるアイケア方法をチェックしていきましょう♪

abimi / 1221 view

アラサーから始める♡たるみ改善・解消方法|マッサージ・化粧品・美容液など

たるみ肌を改善・解消するマッサージ方法・化粧品をご紹介します。 最近はアラサー世代でも肌の悩みにあげられる「たるみ」たるみをそのままにしておくとどんどん進行に「老け顔」になるので、たるみが気になったら1日でも早い対策が必要です。

abimi / 1302 view

コスパ抜群♡プチプラコスメ「パック・フェイスマスク・スペシャルケア編」

プチプラ価格なのに機能性や効果もしっかり実感出来る名品・コスパ抜群のコスメ「パック・フェイスマスク・スペシャルケア」をご紹介します。年齢を重ねるごとに増えてくる肌の悩みは、いつものスキンケアにパック・フェイスマスクやスペシャルケアをプラスして対処しましょう♪

abimi / 1410 view

ビューティーまとめランキング

昨日人気のあったビューティーのまとめ

人気のキーワード

いま話題のキーワード