ヘアカラー

「ヘアカラー」に関する記事をまとめたページです。アッシュ・ベージュ・ブラウン・黒髮・ピンク系・ハイライト・ローライトなどのヘアカラー情報をご紹介します。トーンやブリーチあり・なしで変わる髪色の違いや、サロンでのオーダー方法、ボブやロングなど髪型別、セルフ派におすすめ・人気ランキング上位の市販ヘアカラーもチェックしてみてくださいね♪

愛され髪色♡チョコレート×アッシュ・ピンク・ブラウン2017

今おすすめなのはチョコレートカラーのシックで大人っぽいヘアカラー!深みのある落ち着いた色味のチョコレートカラー◎ここでは『チョコレートアッシュ』、『チョコレートピンク』、『チョコレートブラウン』別にのまとめてみました。自分の好みに合わせた色のスタイルを見つけてみてください♡

職場や学校もOK!暗めピンクヘアカラー♡ピンクブラウンなど

「暗め」(暗髪)のピンクヘアカラーをご紹介します。 ここ数年人気のヘアカラー「ピンク」ですが、職場や学校によっては派手なカラーができない方も多いですよね。そんな方におすすめなのが「暗め(暗髪)ピンクヘアカラー」色んな雰囲気に仕上がるピンクヘアカラーをチェックしていきましょう♪

セルフでも失敗なし♡市販ヘアカラーで「ハイライト」に挑戦!やり方・動画

市販のヘアカラー剤を使ってセルフでできる「ハイライト」のやり方をご紹介します。ほんの少し加えるだけで髪の毛に立体感が生まれ雰囲気を変えることができる「ハイライト」思い立ったらすぐにできる市販のヘアカラー剤を使ってセルフハイライトに挑戦してみましょう♪

ダメージを抑えてヘアカラーチェンジ=ハイライトが正解♡2017春夏

季節が変わると髪色を変えたくなりますよね。ハイライトを楽しむのが正解♡少しのダメージで大きなチェンジが楽しめるハイライト。オススメのハイライトを紹介します。黒髪にハイライト・暗髪にハイライト・アッシュにハイライト・明るめにハイライトなどさまざま♡

【2017】ヘアカラーはツートン♡ショート~ロングヘアカタログ

単色カラーには飽きた人、カラーを変えたいけれど全部染め直すのは傷みが気になる人、とにかく印象を変えたい人etc…2017年にヘアカラーに迷っている人にオススメなのが「ツートンカラー」。上下、左右、前後等、パキっと色を変えることでまったく違う印象を楽しめます♪メッシュ感覚でポイント使いにもオススメ。注目の「ツートンカラー」をショート、ボブ、ミディアム、ロング長さ別にチョイスしてみました!

今風メッシュはインナーカラー♡ショート~ロングヘアカタログ

“メッシュ”というと、古いイメージ?いえいえ、イマドキ“メッシュ”は、単色カラーでは出せない立体感や動きをプラスしてくれるので、重宝されてるんです!中でも注目は、内側にだけ色を入れる「インナーカラー」。派手な色でも、内側にさりげなく色を入れることで、グっと雰囲気が変わるんです。そこで、ショート・ボブ・ミディアム・ロングヘアまで、最旬メッシュ=なインナーカラーを集めてみました!

2017秋冬ヘアカラーはベージュ・ピンクベージュ♡ショート~ロングヘアカタログ

2017秋冬、ヘアカラーを変えたくなる季節♪オススメするのは、柔らかさと女性らしさをプラスしてくれるベージュ・ピンクベージュ系のヘアカラー!明るくしても、抑え気味にしてもキレイ発色してくれるので、ショートでもミディアムでもロングでも、どんなスタイルとも相性抜群♡そんなベージュ・ピンクベージュのヘアカラーを秋冬ファッションとともにお送りします♡2017秋冬の髪色・髪型チェンジの参考に♪

痛くない&髪色キレイと評判♪おすすめの市販ブリーチ【ホワイトブリーチ】

ブリーチをやってみたくても、頭皮が痛くなる、髪が傷むといった理由で敬遠してしまう人も多いのでは?たしかにある程度髪はダメージを受けますが、頭皮が痛くならないと評判のブリーチが市販品でもあるのです!それが【ホワイトブリーチ】。今回は痛くないのに効果が出ると評判の市販ブリーチ【ホワイトブリーチ】を紹介♡やり方もカンタン!

アッシュカラーにするにはブリーチなしでもOK♪透明感◎のヘアカタログ

アッシュカラーにするにはブリーチが必要だと思っていませんか?いえいえ、ブリーチなしでも十分にキレイに染められます!ブリーチなしで染めた場合は透明感が出て柔らかい印象に♡そこで、ブリーチなしで染めたアッシュカラーを集めてみました!理想のアッシュカラーを見つけてくださいね♪

市販品でもプロレベル♪セルフでアッシュカラーに挑戦♡やり方簡単!

アッシュカラーの流行に伴い、市販されているアッシュカラーの種類もどんどん増えています。たくさん種類があるので自分に似合う色も見つけやすいのが嬉しいですね♪そこで市販品のオススメアッシュカラーをピックアップ☆泡タイプ、ミルク・乳液タイプ、ともにやり方も簡単なのですぐに挑戦できます!